地震に強い家を建てる法則『命運の分かれ道』

Home to spend comfortable

その家造りは本当に安全?地震に強い家の特徴

家族の安全を願うなら

加古川で注文住宅を建てるにしても中古戸建てを買うにしても住むということなので、地震に強い家を選ぶ必要性があります。他にも、どのような家にすれば家族を守れるのかリサーチしておくと良いでしょう。

家を建てる時のポイント

地震に耐えられる家

日本では震度6をゆうに超える地震が起こることがあります。そして、家の一部が破損したり、場合によっては全壊したりする可能性も否定できないので、耐震性がどのくらいあるのかを把握しておくべきです。

火災が燃え移りにくい

自宅で火災が起こる場合もあれば近隣の火災の飛び火が原因で全焼してしまう危険性があります。しかし、鉄筋にすることによって、被害を最小限にすることができるでしょう。

水害に強い

最近では天変地異が起こることがあるので、今までに経験したことのないような豪雨や竜巻が発生してもおかしくない時代です。ですので、できるだけ自宅を強化しておけば災害から身を守ることができるでしょう。

地震に強い家を建てる法則『命運の分かれ道』

住宅

構造設計が大切

いくら地震に強い家にしたいと思っていても素人目では図ることができません。しかし、構造設計という資格を持っている業者に依頼すれば、強化することができるので、家造りのヒントにしておくと良いでしょう。

積み木の家

真四角が強い

真四角の家には4つの柱があるので、それらが振動に耐えるように働くことによって、揺れを最小限に抑えることができます。反対にL字型の部屋はもろいので、強化させる対策を取った方が良いでしょう。

設計図

重たい物は1階に置く

部屋に本が散乱していたり、ピアノなどの重量のある楽器をおいていたりしていませんか。それらは地震が発生した際に凶器となりえるので、1階に置いておくと良いでしょう。特に、新耐震性基準ができた1981年よりも前の建物には注意が必要です。

広告募集中